4th room

'05/08/29開設。本名による文系ブログと使い分けて、こっちは時事・政治問題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
陣内智則という芸人は、一流ではけっして占められない妙なポジションを獲得した、ひと昔まえの中山秀征的な存在である(関東[全国]と関西[ローカル]の差はあるが)。いや、中山はいまや往年の、たいして面白くもないのにやたら司会を務めていた勢いはなく、「アノ人は今」一歩手前だが、陣内はそういう飽きられ方をしはじめたときに、あの特殊なピン芸の能力がその生き残りを、長引かせるかもしれない。が、それにしても、格としては一生、その一流半の域を出る人間ではない。
たいして、妻となった藤原紀香が一流なのかというと、ああいうキャラに一流というカテゴリはないのだと思いたいが、それでも過去からの経緯もあって、陣内より格が上であるのは、まちがいない(両者の収入の差は世間で面白がっていわれているほど「無い」か、存外「逆転」も時間の問題かもしれない)。
それが、私は、お金とか外見とかじゃなくて、このひとのやさしさ(かどうかは知らないが金や外見でない何か)に惚れたのです、と、それはそれでいっこうにかまわないのだが、いかにもそれを全面(前面)に出しながら菩薩のような笑みを浮かべて立ち現われるのが、私にはとっても苦痛である。
世間も、はんぶんイヤなもの見たさというのもあるだろうがそういう輩の結婚式で視聴率を20だか30だかも与えてはいけない。そんなのは、やはりひと昔まえ、郷ひろみとかの結婚式で視聴率が稼げた時代から、日本人は成長していないということを、証すだけではないのか。
つつましく生を営むなかでの幸福は、誰によっても侵害されてほしくないが、あのようなかたちで披瀝された幸福の行く手には躓きの石〔スカンダロン〕が落ちているのが見えても、私は拾ってやらない。
スポンサーサイト
2007.06.03.Sun 12:56 | 芸能 | trackback(0) | comment(1)
<< 新聞は佑ちゃんと書くな | main | いまからでもお蔵にしたら?――石原真理子監督作品 >>
ひねくれたひがんだコメントですね。
面白くないのでもう読むのやめます。
URL #- | 2007.07.30 05:17 | edit?




  
http://4th.blog21.fc2.com/tb.php/94-3530605d






<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
  • 談合の時代
    unimaro(11/23)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (08/15)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 藤原紀香(夫婦)が苦痛である
    (07/30)
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

anonym
FC2ブログへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。