4th room

'05/08/29開設。本名による文系ブログと使い分けて、こっちは時事・政治問題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
副題に掲げた件は直前の記事でもう済んでいるが、3回連載の通しの題としては残しておくものである。
そう、W-ZERO3もついその多機能に惹かれて重さも気にせず買ってしまったのだけれど、軽量薄型が幅を利かせるこのご時世に配達業者の腰を痛めさせかねないヘビー級ブラウン管テレビを買うことになった、わが涙ぐましき決心は、誰より自分自身の電化製品購入史のための備忘として書き残しておく意味がある。

テレビ
知ってるひとは知ってるとおり、なんぼ液晶やプラズマの画質や反応速度が向上したとはいえ、この21世紀冒頭の段階では、テレビの画面の見た目のキレイさではブラウン管がまだわずかに勝っている。
だが、周囲のテレビがどんどん大型化していくのを見るにつけ、そろそろわが家もと思い立ったときに、画面の拡大に応じてその3乗に重さを増すことになるブラウン管式のを購入するつもりは、さらさらなかった。
心変わりの理由は、わが居間の構造に存する。つまり、作りつけの家具の「中」にテレビを置くように出来ていて、高さ(57cm)×幅(100cm)×奥行(60cm)の制限があるのである。
この制限内に収まる最大画面のテレビは32型とは、早くからカタログを見て踏んでいた。
問題はしかし、液晶にせよプラズマにせよの薄型には、どのメーカーのもとても見栄えがするとは思えない台座があって、それを含めると上記の高さの制限を超えてしまう(制限内に収めるとなると一つ下の28型でもたいがいのは厳しくなるし設置の光景がそもそも不恰好である)ということなのだった。
電器店の店員に訊いて絶望的になった。なかには台座の代わりの補助器具でなんとか立つタイプがあるのではないかという、私が当初抱いていた希望は甘くて、台座無しで自立できないのはまさに薄型のゆえんだ、という言い分だった。
この際、台座なしでデンと鎮座ましますブラウン管のほうが、画質も優れていることだし、いいのではないか――そう思うまで、時間を要しなかった。
32型で、地上波デジタルにも対応し、しかも黒色の微妙な再現性で優れ、それでいて値段的にも手頃な――それでもイオンなどで扱っている台湾製の安い液晶よりはるかに高価だ――、そんな機種が東芝から出ていた(32DX100)。おまけにこれだと現在使用中の、同社製のハードディスク・レコーダー(RD-X3)との連動も可能である。決めた。
ただし、そうすると女房より重い、約57kgにもなる重さの問題が当然、課されることになる。
実際、冒頭にも記した配達のみならず、背面での結線作業やそれを終えてからの、ギリギリの高さのスペースへの設置作業の、どれもがたいへん(そう)だった。この作業が今後の修理や買替え時にも発生すると想像すると、めまいがしそうだ。
想像さえしなければ、しかし見た目は液晶ないしプラズマ、いやそれ以上だ。京都はまだ比叡山からの地上波デジタル出力がNHK京都と京都テレビのに限られているが、これが目からウロコの美しさだし、いままで有料と勘違いしていた(実際に有料のWOWOWなどもあるが)民放系のBSデジタルも見られるようになって格段にチャンネル数が増えた。
画面だけ、成熟の極みにあってもうその運命を終えようとしているブラウン管とした守旧派として、しかし確かにデジタル化の波にもしっかり乗り始めていることが意識される、わが電化製品購入史の1頁である。

[あと1つ、「バーンスタインのマーラー交響曲DVD」へと、まだこの買替え噺は続く…。]
スポンサーサイト
2006.01.02.Mon 06:59 | 私事 | trackback(1) | comment(0)
<< 待った者が勝ち?――「京ぽん」から「W-ZERO3」へ(その3) | main | 「京ぽん」から「W-ZERO3」へ(その1) >>




  
http://4th.blog21.fc2.com/tb.php/80-9d8302f9
TOSHIBA/東芝 32型 FACE DIGITAL 32DX100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ TOSHIBA/東芝 FACE DIGITAL 32DX100の価格比較 [FACE DIGITAL 32DX100] ■&quot;face&quot;デジタルブラットフォーム 東芝独自の先進技術を凝縮したデジタル処理システム。 「地上
テレビは安い方が良い | 2006.01.13 Fri 20:29



| ▲TOP |



<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
  • 談合の時代
    unimaro(11/23)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (08/15)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 藤原紀香(夫婦)が苦痛である
    (07/30)
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

anonym
FC2ブログへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。