4th room

'05/08/29開設。本名による文系ブログと使い分けて、こっちは時事・政治問題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
まだ公示2日前というのに何やら選挙戦はもう終盤という雰囲気だな。
先日ある法律家がぽっそりと語っていたとおり公職選挙法も何もあったものではないという雰囲気なのだが、それにしても、さまざまな選挙区報道を眺めていて一番みっともないのは岐阜の野田聖子の、しょっちゅう有権者の前で見せているらしい涙である。やっぱりああやって最後は女を売るのである。
ところで野田といえばその晩婚――自分は郵政民営化法案に賛成票を投じながら妻に付き添って行く先々で自民党執行部批判をしている鶴保なる夫は「内助の功」を難じる以前の問題である――直後から出産願望に目覚めちゃって、おまけに不妊治療についてもマスコミに公表し、そこでも女オンナしている始末なのだが、ならばと、党首討論なんかでしばしば郵政問題に隠された真の争点のように吹聴されもする少子化の問題についてどう考えているのか、訊きたいところだ。
じっさい、いまの世の中が子どもを育てにくいというその理由だけで(あるいはそれを第一の理由として)少子化が進行していると皆、思っているのか?
男性の精子の数が以前より減っているという、私は正確な情報を知る立場にはないが大いに首肯したくなるような情報もあるし、夜になったら性交渉が最大の楽しみであったその昔とは文化的環境がそもそも違っているだろう。
オトナになる以前からネットで女性の性器を平気で見ることができる人間が、100年前と同じ精力をもって生身の異性に接するとは、考えられない。
文化論の視点を欠いた政治的メッセージは空虚である。
スポンサーサイト
2005.08.28.Sun 20:05 | 政治 | trackback(2) | comment(0)
<< 八代英太的なもの | main |




  
http://4th.blog21.fc2.com/tb.php/2-b827cd2a
衆議院議員総選挙違反取締本部
神のいどころ | 2005.08.29 Mon 00:25
この3年間の間で独居老人のお宅にお伺いした回数は年々増加しております。多い日には7件~10件ものご自宅が独居世帯でその親戚は遠方にお住まいされている方が大半です。”独居老人の生活とはどんなものなのでしょうか?”ここで言う独居老人とは、60歳以上で子供がお
現実にある出来事の紹介 | 2006.01.22 Sun 02:27



| ▲TOP |



<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
  • 談合の時代
    unimaro(11/23)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (08/15)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 藤原紀香(夫婦)が苦痛である
    (07/30)
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

anonym
FC2ブログへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。