4th room

'05/08/29開設。本名による文系ブログと使い分けて、こっちは時事・政治問題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
大阪府下の小さな自治体の談合疑惑にまつわって、その小ささにそぐわぬ大それた糾弾の言葉を、昨日は吐いた。が、談合企業をつぶせるはずも、関与した首長を銃殺することも、もちろん可能な話ではない。要は、やめるといっておきながら続くこうした仕儀を、またしても当事者や身内はやめるというのであろう、この性懲りもない謝罪の循環を本気で断つにはそうした見せしめが必要なのであり――ただし食品業界の隠蔽体質は雪印のような例があってもあんまり改善されていなかったね――、それが無理なのである以上、誰かがきちんと、談合はなくならない(やめるとは誰も断言できない)と、明言すべきだと思うのである。
じっさい公共事業が、あるゆる意味での談合と無縁であるなど、実現したってそれが幸福につながるとはかぎらない夢物語なのであって、こんにち、このことは国政レベルでも真実味が増しているというべきである。
すなわち、このたびの参院選の結果生じた衆参のねじれは、選挙戦で焦点となった問題にかぎらず、なにごとについても、与党と野党第一党が談合を画策しなければ推し進められないことを意味する。衆院選ではけっして政権交代が起こるような民意を表明しないだろうこの国の国民が、マスコミの煽りにも乗ってこのたびのようなねじれを招来したのは、バランス感覚でも何でもないと思うが――この集合体に擬人法的に称賛しうるバランス感覚があるなら弱小政党も若干のイニシャチヴを発揮する可能性がある僅差の自民党勝利だっただろう/そうして民主党はそのことでいっそう次の衆院選に向けたエネルギーを蓄積すればよかった――、こうなってしまった以上は、あとはもう談合しかない。
この談合を仕切る、この喫緊の意味での政治家の活躍を、待望する。
スポンサーサイト
2007.08.01.Wed 08:30 | 政治 | trackback(0) | comment(2)



| ▲TOP |



<< 2007.08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の投稿
カテゴリ
以前の記事
最近のコメント
  • 談合の時代
    unimaro(11/23)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (08/15)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 告白しなきゃカッコいいのに――筑紫哲也のこと
    (07/30)
  • 藤原紀香(夫婦)が苦痛である
    (07/30)
最近のトラックバック
リンク
プロフィール

anonym
FC2ブログへようこそ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。